ホットヨガに必要なマット

美容と健康のためにヨガを日常生活に取り入れている人は多く、ホットヨガも幅広い年齢層から人気を集めています。

ホットヨガとは室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガのことで、高温多湿によってより発汗を促すことができ、
体が最も柔軟な状態でヨガを行うため、より効果的に動くことができると話題を集めています。

ダイエットにも効果が期待でき、定期的にホットヨガを行っている人も多いです。

ホットヨガスタジオの中には、スタジオ内にバスタオルを並べ、利用者はその上でヨガを行っているところもあるようですが、マットを自分で用意して使用する人も少なくありません。

ヨガを行う際にマットは必ずしも必要ではないと考えている人もいるかもしれませんが、硬い床から身を守るため、クッションの役割を持つマットは必要といえます。

また、床の冷えから身を守ったり、ヨガのポーズの最中に滑らないよう守ったり、様々な役割を持っています。

汗のついたマットをそのまま放置しておくことは、雑菌の増殖を招く恐れがあるため、定期的に中性洗剤で洗うことが重要です。

マットに付いた汚れをしっかりと洗い流したら、十分に水気を切ることも大切です。生乾きのまま丸めて収納してしまうと、そこから雑菌が繁殖する可能性が考えられるため、陰干しをして水気をなくしておきます。

心身共にリラックスすることができるホットヨガは、ダイエットや健康な体作りのために最適といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です