ホットヨガでマットを使う

ヨガにはいくつか種類があり、クラスによって強度や目的となどが全く違ってきます。

ダイエットを目的としてやる人もいれば、美容のためにやる方もいらっしゃいます。

また健康のためにゆっくりと続けられている方やリハビリの為、体を柔らかくしたいなど様々です。どの様な目的でヨガを行うかという理由を明確にした上でヨガを受けるほうが効果があがりやすいです。

色々な種類のヨガがありますが、マットを利用したホットヨガでは室内の温度を38度から40度、湿度60パーセント以上の環境の中でおこないます。

どのヨガでも必要ですが、ホットヨガでは特にマットが必要になります。

その理由は、高い室温湿度の中でポーズをとることになるので、汗をかく量が通常の何倍にもなり床が滑ってしまうからです。

その為滑り止めにもなるマットがホットヨガの時には重宝されます。高い室温湿度の空間でポーズをとる事で通常の空間よりも体がほぐされて、筋肉も伸び縮みしやすくなり、柔軟性の向上に適しています。

また体が柔軟になることによって腰痛や肩、首のコリの改善にもつながります。ホットヨガは汗を多くかくことで、汗腺と皮膚腺開きやすくなります。

それにより身体の新陳代謝が促されるだけではなく、老廃物も体外へ排出されます。

この現象によってダイエット効果や美肌効果へと繋げることができます。ただしエクササイズ中は無理をしすぎたりしないように気をつける事と、こまめな水分補給が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です